スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古場レポートその5「『つんざき行路、されるがまま』公演終了致しました!」

遅くなりましたが、『つんざき行路、されるがまま』全日程終了致しました!
ご来場頂いたお客様、誠にありがとうございました!

この度、演出助手で参加させていただきました、山本タカです。
10月に顔合わせをし、はや1ヶ月半。木野さんの嵐の様な演出を隣で目撃していた身と致しましては、公演が終わり、木野さんの元気なお姿を拝見できないのを少し寂しく思います。

「前回の『くじけまみれ』とは違う趣向の作品をやりたい」と高田聖子さん、木野花さん、福原充則さんと話し始めたところからはじまった今作。稽古場では試行錯誤の繰り返しでした。
途中、稽古場からは「大変だね」という言葉も出ましたが、「大変じゃない作品なんてないのよ」という木野さんの言葉に励まされ、むち打たれながらキャスト・スタッフ一丸となって木野演出と福原脚本に食らいついて参りました。
スズナリに入り、ゲネプロ・初日、そして計15のステージ。
その合間にも木野さんは絶え間なくダメ出しを続けておりました。
その日、俳優がどういう感情の動線を辿ったか、俳優自身に詳しく聞きながらより複雑で繊細な要求を課します。
俳優もそれを真摯に受け止めながら「絶対に慣れちゃだめ」「言い方になってはいけない」という木野さんの言葉を胸に、1ステージ1ステージ、その場で生まれる感情を大切に演じておりました。
日を追うごとに深くなっていく、つんざき行路。ダメ出しがより洗練された舞台へと変わって行く。
稽古を行うこと、ダメだしを行うこと自体に木野さんの演出は意味があるのだと、劇場に入ってからひしひしと感じました。

本番をご覧になった皆様、いかがでしたでしょうか?
木野さんは、この作品を「究極の愛のかたち」と仰っておりましたが、その意味おわかりいただけましたでしょうか?
私自身「なるほど、今回はこういう話だったのかと」本番後のダメだしを聞き、認識を新たにする毎日で、今を以てしても『つんざき行路』を噛み砕き、飲み下している最中であります。
皆様にとっても、いつまでも味わい続けていただけるスルメの様な作品であったらいいなと思っております。

そしてどうやら、月影は来年で20周年を迎えるそうです!
すごいぞ月影!長いぞ月影!どうなる月影!次も期待してるぞ月影!!

そんな思いがこの文章を読んでいる皆様と同じである様にと祈りつつ、私の挨拶も締めさせていただきます!
ハイドー!

syoko.png
プロフィール

月影 番外地

Author:月影 番外地
月影番外地 公式ブログ
2016年12月、その5『どどめ雪』公演決定!
日々の稽古の様子や最新情報など、こちらで発信していきます!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。